So-net無料ブログ作成

シルクシフォンのスカーフ [オヤスカーフ]

110621_1.jpgずっと前にeBayで見かけて一目ぼれしたトルコのスカーフ、諸々の理由で購入には至らなかったのだけど、似たようなものを編んでみました。トルコのは黄色で、長い方の1辺に模様が編んでありましたが、こちらは白(生成り)に薄ピンクの糸で短い2辺を模様にしてみました。

110621_2.jpg角っこの部分。どちらもごくありふれたパターンですが、すごく好き~。ただ、縫製済みのスカーフに編んだので、根元のところが気に入らない(ミシンの白糸が出てる)。というわけで、次作品用に縫製していない生地を買っちゃいました。

110621_3.jpgメインの模様部分。見事に不揃いであります。(接写で撮ると色が違って写りますね…。)

110621_4.jpgサイドの部分。編み方は簡単だけど、1山が5mmくらいなので数が多くて大変でした。楽しかったけど。

糸が足りなくなると嫌なので多めに2枚買ったのですが、1枚目の6、7割方使ったところで完成しました。せっかくなので、残りの糸で大きいドイリー編んでみようかな(買った生地はどうする??!)。


コメント(4) 

立体イーネオヤのスカーフ [オヤスカーフ]

110615_1.jpg完成しました~。立体イーネオヤを40個飾ったスカーフ。トルコの薄手コットンスカーフにハードタイプのナイロン糸(Cizmeli)です。完成したハイテンションのままブログ更新してるので、画像満載になっちゃってますが、お許しを。

まずは全体画像。…スカーフの写真の撮り方が分からない…。

110615_2.jpgやっぱり正しい撮り方はこっちかな。畳んだ方が立体のお花のボリュームが実感できて、圧倒的に可愛いと思います。(←かなり親馬鹿。…オヤ馬鹿?)

110615_3.jpgせっかくなので、お花のアップ写真も。今回、花芯の部分は、3つのループに続けて黄色の花粉を編むのではなく、ループごとに糸を切って作りました。面倒だし3本固まっちゃうこともあるけど、個人的にはこっちが好み。

110615_4.jpgお花は10種類を4個ずつ。本場のスカーフは同じお花を付けることが多いみたいだけど(1個か2個だけ違うものを混ぜたりも)、さすがにそこまですると飽きちゃいそうだったので。

110615_5.jpg角っこも。10種類のお花を同じ順番で各辺に付けようと思ってたのに、2辺目でいきなり間違えました。なので、後はわざといい加減にした(笑)。あと、お花を付ける位置も適当…のはずが、この写真で縦になっている方の辺は規則的に付けすぎて、畳んだ時にお花が固まっちゃってます。

個人的には、この軽い薄~いコットンスカーフに立体のお花は質感が違いすぎるだろうと思って、あんまり乗り気ではなかったんです。でも、いざ完成してみたら、なんだこの存在感。調子に乗って「もう1枚!」と言うにはちょっとしんどいですけど、いつかまた編みたいな~と思うくらい気に入っちゃいました。

作成途中の様子を少し…


コメント(7) 

色番号 [イーネオヤ]

Cizmeliのオヤ糸とDMCの刺繍糸の色番号が一部共通してるような気がする。もちろん、全然違う色だったり、番号がなかったりもするんだけど、「同じ番号で(たぶん)同じ色」ってのが結構あるみたい。真似っこしたとか、会社が何かつながってるとか、あるのかな?


コメント(0) 

みかん色のミニドイリー [イーネダンテル]

110603.jpgネットで見つけた画像から編んでみました。写真に撮ると、実物よりきれいに模様が出ます。だから「実物見たい」はナシの方向で(笑)

外周が飾り目じゃなくてただのループなので、糸の撚りの関係でループがねじれてる箇所がいくつもあります。見ないふり、見ないふり…

このサイズのドイリーは簡単に編めるし、ネットやトルコの本にもかわいいデザインが結構見つかるので、いろいろ編んでみたいです。ドイリー以外でも編みたいものがいっっっぱいあるのがネックですが。


コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。