So-net無料ブログ作成
タティング:完成品 ブログトップ
前の10件 | -

84ページのドイリー [タティング:完成品]

111014_1.jpg『Tatting theory and patterns』(designed by Jan Stawasz)より
Superior Threads - King Tut Quilting ThreadのKarnakとValley of the Queens

最近突然、WIPs撲滅モードに入り、勢いで完成させました。直径40cm強。100番レース糸より細い糸だけど、さすがに大きくなりました。

あとリング1個で完成!というところで、前の段のチェーンが1つ足りないことに気が付いたんですが、やり直す気力がなかったので無理やりつないでます。間違い探しをすると簡単に見つかるけど、間違ってると知らずに見たら見過ごすレベルかな?

そして教訓。マルチカラーの段染め糸の多色使いはやめなさい…(--;

その他に撲滅?したもの…


コメント(4) 

ウィンザーもどき [タティング:完成品]

100519_1.jpg『タティングレース (NHKおしゃれ工房)』より
紅花染めの100番レース糸 by ぽとすさん

前回の記事で最終段の糸を迷っていたら、ぽとすさんが追加で送ってくださいました。「色はお任せする」と申し上げたところ、ぽとすさんってば、ズルして薄いのと濃いのと両方送ってくださったので、私もズルして両方使ってしまいました。最終段はリング+糸渡しだったんですが、糸渡しの部分をチェーンに変更して2色使いにしました。

写真ではうまく写ってないんですが、すごく可愛い色なんです。特に最終段の薄い色。いちごミルクみたいなむら染め。見ているだけでニヤニヤが止まりません。途中から目数を間違えてるのはご愛嬌ということで (--;;

100519_2.jpg途中ですが、今メインで進めているのがこれ(Janさん本から)。ちょっぴりデジャブですが、今回は160番です。今回は最後まで編みたいと思ってます。この糸、結構細いので、慣れるまでちょっと敷居が高いのですが、手が慣れてしまうとやたらと編みやすい。よくぞ作ってくれました、越前屋さん。

100519_3.jpgそれから、編みかけの保管方法。今まではクリアフォルダに入れていたんですが、シャトルがはみ出して邪魔というか危険なんですよね。で、丸めてみました。両側には指サックを入れて、シャトルをはめ込めるようにしてます。えいやっと両面テープで作ったので、汚いんですけど、使い心地は悪くない。…が、これ以上大きくなったら使えないかな…。


コメント(8) 

65ページのドイリー [タティング:完成品]

100401_1.jpg『Tatting theory and patterns』(designed by Jan Stawasz)より
Superior Threads - King Tut Quilting ThreadのCinnaberry

直径約26cm。これも随分長くかかりましたが、完成です。長い間、電車のお供になってくれただけに感慨深いものが…。

途中、手の加減が変わったりして多少浮いている部分があったのですが、霧吹きしてアイロンをかけたら落ち着いたので、軽傷だったのかも。面倒なので水通し&ピン打ちは省略(←一杯ピン打ってた頃もあるけど、結局性格は変わらんかったらしい…)。

100401_2.jpgこちらはちょっとアップで。Janさんらしい素敵なデザインです。最終段のピコ、意識的に大きめワサワサにしてみたけど、こうやって見るとどうってことないですね。


今日はオヤ展示会前の最後の教室でした。最後のツメでちょっと作り足したり工夫したり、いろいろとすることが…。ガンバリマース。


コメント(8) 

Spiral or Pinwheel [タティング:完成品]

100331.jpg『Tatting a 4 Square Ring』より
エースクラウンミシン糸 50番

ちょっと前…もとい、だいぶん前…よく見ると1年近く前に、作成中として紹介したやつです。まだまだ先を編めるデザインなのですが、とりあえずここで終了。アイロンでちょいと押さえたら、妙にカクカクした形になっちゃったよ…。


コメント(0) 

40ページのドイリー [タティング:完成品]

100131_1.jpg『Tatting theory and patterns』(designed by Jan Stawasz)より (一部やむにやまれずアレンジ)
DMC コルドネ 100番 白

去年の9月に作成過程をアップしたっきり、亀の歩み…というより、実質的に放置してました。だって、間を埋めるだけのモチーフ、すぐ糸を切らなきゃならないので編んだ気がしないし、必然的に糸始末も多くて面倒! (あと、教室に通い始めてオヤモードに入ってしまったのもある。)

が、たまたま仕事がひま~になって、一日テーブルで作業できる時間が取れたので、WIPs撲滅を図ってみました。モチーフ1つ編んでは糸始末…とやっていると、2、3個で嫌になるのが見えているので、とにかく最後まで編んであとは強制的糸始末…でなんとか完成しました。

100131_2.jpgそれほど気分が乗ってるわけでもないので面倒なことは省略…ということで、仕上げもしてませんが、大胆にも拡大写真を。

ついでに、タティング関係の現状を。65ページのドイリーは、10段目で思い切り手間取っています。出たり入ったりの複雑な模様なので、しょうがないかな。このデザイン、リングやチェーンの目数が少なめなので、糸の引き具合をあまり考えてなくていいのがラクです(その分、シャトルから糸を出したり巻き取ったりの作業は多くなりますが)。

それから撲滅ついでに、エースクラウンの編みかけドイリーも、一段終わったところで終了にしました(どこまでもきりがないデザインだったので、えいやっ…と)。こちらはさすがにそのまま写真を撮れる状態ではなかったので、軽くアイロンでもした後にお披露目したいと思っています。


コメント(4) 

ブレード企画 [タティング:完成品]

091223_1.jpgあとりえシシカスさんの作品展に参加させて頂いたブレードが帰ってきました。実はすっかり忘れていたのだけど、きれいに包まれて、丁寧なメッセージと、参加賞のレース糸まで付いて。私は作ったきり忘れてしまってたけど、旅立った先ではとても大切にしてもらっていたようです。シシカスの皆さま、どうもありがとう!!

たしか、このブログには載せてなかったと思うので、お披露目です。

091223_2.jpgそれから、ちょっとアップ(ピンボケ申し訳ない)。一番上は、King Tutで適当に編んでみたもの。適当にといいつつ、シャトル4個ぶら下げて編むのはちょっとめんどくさかった…(糸玉の代わりにシャトルに巻いていたので。普通は2個で編むと思う)。真中は、越前屋さん160番レース糸でGrapevine Luncheon Setのエジング(The Tatter's Treasure Chestより)を編んだもの。この糸、編みやすいけど細いので"ふわふわ~ぺらぺら~"な仕上がりになるのが好き。一番下はひょんなことで入手したダブルデッカーのシャトルで編んでみました。リングの部分は緑の段染めと黄色の段染めの2色を使っています。つまり、糸3本にシャトル1個。そのシャトルを使ってみたかっただけなので、デザインはいい加減です。こんなのまで展示してくれてありがとうございました (^^;

…最近タティングがお留守になってて、ネタに困っていたところに、タイミングのいい帰還でした。ラッキー :p

リクエストがあったので補足


コメント(6) 

Occasional Doily [タティング:完成品]

090826.jpg『Tatting Doilies & Edgings』より
国産レース糸160番

ちまちま編んでいたのが完成しました。とっても小さくて繊細でかわいいけど、いまひとつパンチが足りないなぁ。個人的にはもっとシャープなデザインが好きです。(じゃあ何故編んだ?)

Tatted with #160 cotton crochet yarn.


コメント(0) 

公爵夫人 -Duchess- [タティング:完成品]

090823_1.jpg『タティングレース―新しい世界』より
Signature 40番ミシンキルト糸

ツール・ド・フランスもとっくに終わり、モチーフつなぎのドイリーもとっくに終わってます。(…要するに更新サボってました…^^;) ひまわり畑に見えますか?

Le Tour de France is over (well, weeks ago :p), and my doily is finished.

気になるところを実験してみました。


コメント(2) 

モチーフつなぎ [タティング:完成品]

090630.jpgMotifs designed by AnneB
with HDT "Rainbow Bright" by Tatskool

ローズ満開の投稿の下の方にこっそり載せた写真の手染め糸、試してみました。サンプルで付けてくださったRainbow Bright (60番)です。手持ちの黒糸と合わせてみました。最初は「こんな色、どうやって使うのよ?」と思っていたんですが、使ってみると実に面白かったです。デザインはノルウェーのタッターさん(ドラゴンちゃんのデザイナーさん)がブログで公開してくださっているモチーフです。

糸の量が足りるかどうかギリギリ(サンプルですから…)だったのと、黒糸が妙に伸びる糸だったのとで、私にしてはかなりきつく編んでいます。おかげで、最後にしっかりやらかしてしまいました。最後のモチーフを編んで、段染め糸の始末をして、黒糸を結んで…ギュッと引いたらプチッ…。切れちゃいました。編みなおそうにも段染め糸はもうないし、というわけで、崩れる前にボンドでがっちり固めてあります。せっかく他は針できれいに始末したんですけどね~

「レース糸をかせに巻きなおして手染めしても大丈夫なの?」という件に関しては、この糸はまったく問題なかったです。アンカーの60番は使ったことがないので比較はできませんが、艶もいいし、とってもきれいな色が出ていて、楽しかったです。他の色は80番と100番なので、番手が細くなったらどうなるかは、もうちょっとお待ちください。

I bought HTD (hand-dyed thread) from Tatskool and she sent me a sample of her "Rainbow Bright" thread. Wow, this thread was so much fun! I enjoyed tatting with it. Thank you, Tatskool!! Now I have to find patterns for Blue Lagoon and ChocoRaspberry. :)


コメント(4) 

Whip Cream Frill [タティング:完成品]

090531.jpg『Tatting Doilies & Edgings』より
Fujix TIARA 50番の段染めシルク糸

前回立ち上がってしまった4段目ですが、目数を調整したらこんな感じになりました。

The doily lays flat after tatting the fourth round :)

090621_1.jpgで、外周モチーフを付けたらこんな感じ。元々あんまり形が固定されるモチーフじゃなかったので、本の通りに編んでうまくいきました。ちょっとモチーフが横長になっているのはご愛嬌ということで。直径15cm。編みっぱなしで仕上げしてないけど許してくださいまし(絹糸って洗っても平気なのかしら?)。

And now it's finished! It's tatted with silk machine-sewing thread with nice luster.

090621_2.jpg珍しく、ちょっとアップの写真。シルク糸は(レーヨンも)、どうしても目が縦長になってしまいます。


コメント(4) 
前の10件 | - タティング:完成品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。